Naruhiko Kawaguchi / 川口成彦

 

 Naruhiko Kawaguchi was born in Morioka, the capital of Iwate prefecture, and grew up in Yokohama, Japan.  He is the prizewinner of several competitions from competitions all over the world: The International Competition Musica Antiqua Bruges 2016, the 1st Rome Fortepiano International Competition (Premio Muzio Clementi ),  the Geelvinck Fortepiano Concours 2015 (Amsterdam),  Stanley Hoogland Square Piano Award 2016 and the 27th International Competition for Early Music in Yamanashi (Japan),  to name but a few. He has performed fortepiano recitals in Wunderkammer of Trieste 2013 (Italy)  and Maggio Musicale Fiorentino 2016, Festival Oude Muyiek Utrecht and so on. Naruhiko has a special interest in Spanish music, performing a program entitled “From the time of Goya” in Tokyo in 2014 with works of Spanish composers from the classical period. He continues to be an advocate for this special repertoire on the fortepiano.
   He is also active in ensemble playing with singers and various instrumentalists. In 2016, he premiered the second edition of  " Trio for Oboe, Bassoon and Piano"  by F. Poulenc with Saxton Rose (bassoon),  and Nicholas Daniel (oboe) in U.S.A. o.a.. He can be heard on the CD "Ballad for the Earth" with the harmonia ensemble on the Brain Music label, and his first solo recording of works by J. L. Dussek was  released by Brilliant Classics in 2015.  His second solo CD of works bz F. Schubert was released from Fuga Libera in 2017. And his recording of Bartok's "Sonata for two pianos and percussion" will be released from his own label, MUSIS in 2018.
    He holds a Bachelor's degree in musicology from the Tokyo University of the Arts as well as a Master's degree in Early Music from the same university, where he won the Acanthus Prize in 2015. And he holds a Master's degree in Early Music from the Conservatorium van Amsterdam, where he graduated in 2017 with "cum laude". He has studied fortepiano with Kikuko Ogura, Christine Schornsheim and Richard Egarr, harpsichord with Asami Hirosawa, and modern piano with Seizo Azuma, and clavichord with Menno van Delft. 

 

  1989年に岩手県盛岡市で生まれ、横浜で育つ。現代のピアノのみならず、フォルテピアノやチェンバロ、クラヴィコードといった歴史的な鍵盤楽器を用いても演奏活動を展開している。2016年にブルージュ国際古楽コンクールのフォルテピアノ部門にて最高位に輝き、合わせてレコード会社Outhere Musicによる特別賞も授与される。そのほか第1回ローマ・フォルテピアノ国際コンクール〈M. クレメンティ賞〉優勝、ヘールフィンク国際フォルテピアノコンクール2015(オランダ)、第27回国際古楽コンクール‹山梨›鍵盤楽器部門入賞など数多く受賞。トリエステの古楽音楽祭 Wunderkammer Trieste や フィレンツェ五月音楽祭、モンテヴェルディ音楽祭(クレモナ)、ユトレヒト古楽音楽祭をはじめ国内外の音楽祭にも出演。またスクエアピアノの演奏ではアムステルダム国立美術館の特別展示にて録音が使用された他、Stanley Hoogland Square Piano Awardも受賞。さらに2014年3月のゴヤの誕生日に開催した「ゴヤの生きたスペインより」を皮切りに、古典期からロマン派初期におけるスペイン人作曲家の知られざる作品の演奏、本邦初演も精力的に行う。アンサンブルにも意欲的に取り組んでおり、2016年6月にはアメリカにてニコラス・ダニエル(オーボエ)とサクストン・ローズ(バソン)と共にプーランクの『オーボエ、バソンとピアノのための三重奏曲』の最終稿の世界初演を行う。そのほか小林道夫氏とのピアノ連弾をはじめ、サンドロ・カルディーニ(イングリッシュホルン)や佐藤俊介(ヴァイオリン)などと共演。第3回ローマ・フォルテピアノ国際コンクール審査員。

  東京藝術大学音楽学部楽理科を経て、同大学大学院修士課程古楽科を大学院アカンサス賞を得て首席修了。アムステルダム音楽院古楽科修士課程を特別栄誉賞を得て首席修了。2016年度明治安田クオリティオブライフ文化財団奨学生これまでにピアノを小池園美、林今日子、東誠三、チェンバロを廣澤麻美、フォルテピアノを小倉貴久子、クリスティーネ・ショルンスハイム、リチャード・エガー、クラヴィコードをメノ・ファン・デルフトの各氏に師事。そのほかロバート・レヴィン、エリック・ハイドシェック、メナヘム・プレスラー、アンドレアス・シュタイアー、アレクセイ・リュビモフ各氏のレッスンをこれまでに受けている。

 CDはフォルテピアノで録音したJ. L. ドゥシークの作品集がBRILLIANT CLASSICS(オランダ)、F.シューベルトの作品集が Fuga Libera(ベルギー)より発売中。シューベルトの作品集はレコード芸術にて特選盤、Classica(フランス)にて準特選番に選ばれる。2018年にはバルトークの『2台のピアノと打楽器のためのソナタ』が自主レーベルMUSISよりアナログレコードでリリース予定(共演は安藤智洋:ロイアル・コンセルトヘボウ管弦楽団ソロティンパニスト、ヤン・ルー・ハメルスマ:アーネム・フィルハーモニー管弦楽団首席打楽器奏者、實川風:ピアノ)。BS-TBS「日本名曲アルバム」、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」出演の他、france musique(フランス)、RTBF (ベルギー)、Concertzender (オランダ)、Rai(イタリア)、RSI Rete Due(イタリア)、 Vatican Radio(バチカン市国)、Radio Rossi(ロシア)などでも演奏が取り上げられる。アムステルダム在住。

 

JTアートホール インタビュー記事クリック

 


「ベーゼンドルファーのおはなし」を執筆しています。画像をクリックすると最新記事を見ることが出来ます!