International Competition Musica Antiqua Bruges 2016


    International competition Musica Antiqua Bruges is one of the big early music competitions. And I won the 2nd prize (there is no first prize winner this year). I am very happy, thanks for a lot of kindness of the people who live in Bruges and who came to this wonderful city. In the final,  I really enjoyed playing Mozart's concerto No. 12 with the members of Anima Eterna Brugge. How exiting it was.... !!  And I also got the prize of Outhere music !!! My new CD will be released from Alpha lebel next year. It is fantastic thing for me. Thank you very much. I continue to polish my skill as musician !

 

 ブルージュ国際古楽コンクール(ベルギー)のフォルテピアノ部門で第2位(1位なしの最高位)とOuthereというレコーディング会社の特別賞を受賞しました。このコンクールは52年の歴史を持つとても伝統あるもので、過去の入賞者には憧れの名演奏家たちも数多く名を連ねています。みんな若い頃ブルージュ来たのかぁ、としみじみしてます。今回のテーマは「モーツァルトとバッハの息子たち」というもので古楽演奏家としての力量が本当に問われるものでした。そんな中で自分の演奏が評価されたことがとても嬉しいです。欲を言えばかっこよく第1位を獲りたかったですが、今回の結果には自信を持ちたいと思います。それからCDレコーディングが決まったので、それが飛び上がるほど嬉しいです。昨年リリースされたドゥシークのCDから更に成長した自分の音楽をしっかり残したいと思います。何を録音しようか妄想するだけでわくわくしています。

 今回のコンクールで使用された楽器はクリス・マーネ氏製作によるシュタインとヴァルターのレプリカでした。本選はモーツァルトのピアノ協奏曲第12番を古楽アンサンブルAnima Aeteraのメンバーの方々と共演しました。本当に楽しかった!!ホールは満席で賑わって最高に楽しい舞台でした。

続きを読む 0 コメント

In the Rijksmuseum in Amsterdam

 

The exhibition of house music has started in the Rijksmuseum in Amsterdam since 15 Janurary. My performance using a square piano can be listened to in the exhibition. A happy short music (traditional Scottish Ballad) with Aysha Wills  (flute) . The other day, I went to the exhibition and listened to my own recordig.  I'm really happy.  It seems that the exhibition is held until January, 2017. I hope many people visit here. There are very interesting instruments, especially I was fascinated by "pianoforte guitar". It is my first time to see this kind of guitar. I wanna try it.... haha

 

アムステルダム国立美術館(ライクスミュージアム)のハウスミュージックにまつわる特別展示が始まりました。僕とフルーティストのアイシャ・ウィルスによる可愛らしいスコットランド民謡の録音が展示で使われています。18世紀のスクエアピアノを用いた録音です。展示は来年1月までです!短い小品ですが沢山の方々に聴いてもらえるのはとても嬉しいです!たまたまアムステルダムいましたら是非お立ち寄りください笑

 


Jose Palomino, Piano Concerto !!!!

 

「ゴヤの生きたスペインより」。ホセ・パロミノのピアノ協奏曲(1785)のライヴ録音をYouTubeにアップしました!演奏に協力してくれた仲間には本当に感謝してます。この曲は(おそらく)現存する唯一の18世紀スペイン人作曲家によるピアノ協奏曲です※。スペインの国民的歌劇であるサルスエラのようになんか気軽なノリで楽しめる音楽。モーツァルトの時代にヨーロッパの南の方ではこんなものが!!という感じで楽しんでもらえたら嬉しいです。ちなみにパロミノさんですが、"palomino"はスペイン語で「パンツについたしみ」を意味する言葉でもあります。同情してあげてください笑。あとYouTube でゴヤの絵画を何使うかすごい悩みましたが、「着衣のマハ」に落ち着きました。「裸」か「着衣」かだいぶ迷いました。

 

※A. ソレールの《2台の鍵盤楽器のための協奏曲》(全6曲)は弦楽器などを伴わないためいわゆる「協奏曲」にはカテゴライズしないことにします。

 

パロミノはこの作品の他には2本のヴィオラを使った「弦楽五重奏曲集」、「ヴァイオリン協奏曲」、「ヴァイオリンとピアノのための二...重奏曲」などが興味深い作品です。

 

 

Do you know the concerto for piano (or cembalo) by J. Palomino who is a Spanish composer in 18c. ? I am researching Spanish music in the time of the grand painter F. de Goya, and this concerto is the only existing piano concerto that was composed by Spanish composer in 18c, to the best of my research. This recording is maybe the first recording in the world using the piano of the classical era. It is my performance in Tokyo in 2015 with my friends. The instrument of this performance is J. Broadwood & Son (c. 1802 copied by Kenta Fukamatti ). I want many people to know and enjoy this concerto !!